【二重の施術〜よくある質問たち】

 


 

Q ハート** ハート***どんな二重になりますか?

希望のカタチになりますか?
二重って色々カタチがあるけど…

A リラックマ-lights 元々の目元のカタチによります
おおまかに
目頭(鼻側)で二重がくっついているカタチを【末広型】
目頭(鼻側)で二重が離れているカタチを【平行型】
と呼んでいるいることが多いです。
※ 狭い末広型を奥二重、末広型と平行型の間を境界型と呼ばれる場合もあります。

二重のカタチ

二重のカタチ(幅)は折れ目の高さでほぼ決まります。

折れ目が高ければ、広い二重(ピンクの線)
折れ目が低ければ、狭い二重(黄色の線)
となります。

二重幅について

折れ目の高いと、二重の幅はより広く、カタチは平行型に
折れ目の低いと、二重の幅はより狭く、カタチは末広型に
なりやすいです。

ただし
折れ目を高く、 幅を広くしても末広型にしかならないタイプ
(平行型になりにくいタイプ)
の方もいます。

逆に、折れ目を低く、幅を狭くしても平行型になってしまうタイプ
もいます。(日本人では稀)

どのようなカタチになるかは
もともとの瞼の具合と折り目の高さによります。
特に、二重のカタチには目頭側のヒダ(蒙古ひだ)の具合が影響します。

もともとの瞼の具合を調節するには
脂肪をとったり、皮膚をきったりと、切開系の施術が必要になることが多いです。
特に、メザイク歴が長いひとは上瞼の皮膚が伸びていることが多いので、注意が必要ですリラックマ-tear

二重の折り目は高くなればなるほど、より強い強度の二重術が必要です。
安定して作れるのは、おおむね~10mmまでです。
(どこまでも高くすることはできません。)

~6mmまで(黄ライン) ナチュラルベーシック、湘南二重
~8mmまで(青ライン) 腫れづらいバレづらい二重術、クイックコスメティーク
~10mmまで(ピンクライン) フォーエバー二重術、極KIWAMI
10mm以上~ 全切開(たるみとり併用)、眉下切開 など

10mm以上の高さで折らないと希望のカタチにならないひとは
皮膚の余りを切ったり(全切開など)しないと難しいことが多いです。

まつ毛の生え際からどのくらいの高さを折り目にすると
ご希望の二重になるのかが大事です。

希望のカタチ、瞼の具合、折れ目の高さ などをカウンセリングで確認させて頂きますね。

無料カウンセリングはコチラ

二重〜お得モニター

 


Q ハート**平行型の二重になりますか?

A リラックマ-lights 元々の目元のカタチによります。

平行型になりやすい人は
目頭(鼻)側のヒダ(蒙古ひだ)が張っていないタイプです。

下の写真を見てください。

もうこひだについて

左のひとは、目頭(鼻)側のヒダ=蒙古ヒダが強いタイプです。
右のひとは、目頭(鼻)側のヒダ=蒙古ヒダが弱いタイプです。

右のひとの方が、平行型になりやすいです。

あなたの瞼の目頭側はどちらのひとに近いですか?

また、
二重の幅を広げる=二重の折り目が高いと平行型になりやすいです。

ですが、二重の施術では二重の折り目はどこまでも高くすることはできません。

なので平行型に近づけるには

強度の強い二重術(フォーエバー二重術や切開二重)で二重の 折り目を頑張って高くする
目頭切開をして蒙古ひだを弱くする
切る二重術で皮膚のたるみや厚みをとる

などが考えられます。

普段メザイクで平行型にできる方は施術でも作れる場合が多いです。

ただし、無理に平行型にしている場合は難しいこともあります。
例えば
目頭側(鼻側)だけ高くテープを貼らないと平行型にならないタイプ、
二重の折り目が高いタイプ(高いところにテープを貼って固定している)

普段メザイクで平行型にできない方は、基本的に目頭切開や全切開が必要な場合が多いです。

診察してみると大体分かります。

僕は二重を毎日のようにやっており
常に工夫を凝らしています。
平行型になりやすいデザイン、腫れずらい対策、取れづらい対策、など

目頭切開で平行型二重にした場合の経過をのせるので、参考にしてみてくださいね。

【解説】切る二重の経過(全切開法二重術、目頭切開)

平行型二重の施術後の術後経過をのせるので、参考にしてみてくださいね。

【症例集】幅広二重を目指して〜平行型、境界型

 


 

Q コリラックマはてなキイロイトリはてな 痛いですか?

痛みに弱いんです。手術は怖いんです。

A リラックマ-lights 痛みで手術が出来なかった方はほとんどいません。

痛みは、麻酔をするので感じにくいです。

ただ、麻酔をする時(瞼に注射の麻酔を使います)がチクッとします。

前に僕が施術した方の表現では
「まつ毛を3本くらいまとめて抜く様な痛み」
だそうです。

施術としてはここだけ頑張って頂ければその後は痛みは基本的にないです。
なので、ここが頑張れれば小学生くらいでも施術が可能なこともあります。

術後は、違和感やツッパリ感は感じることはありますが
痛みを感じる方はあまりいないです。
痛み止めの飲み薬をお出ししますが、必要がない方も多いです。

正直、痛みは個人差がありますのでゼロにはできませんが、
僕は毎日二重の施術をしておりますので
様々な工夫を凝らしております。

実際にDrふじまきの二重施術を受けた方のリアルな感想を見て頂けると、イメージがつきやすいかもしれません

⇒ 【 Drふじまきの二重術を受けた方の術後アンケート…「痛み」について…】


Q コリラックマはてなキイロイトリはてな 休みは何日必要ですか?周りにバレたくないんですけど…

A リラックマ-lights 難しい質問です。僕なりの経験でお話しますね。

二重の施術後は、腫れや内出血などが出てしまうので、見た目で周りにバレてしまう時間(ダウンタイム)があります。

バレるという意味では、術後のダウンタイム以外にも、見ため(糸玉やラインの乱れ、不自然さなど)もあり得ます。
ここでは腫れを中心とした術後のダウンタイム(休みが何日必要か?)についてお話しますね。

一般的な二重施術の一般的な経過は

術直後~1週程度、をピークに腫れぼったくなり、予定の二重よりも幅が広くなります。
内出血している場合は紫色になる場合があります。

2~4週間で、腫れはある程度落ち着いてきて、内出血がでた場合も消えます。
だいたいの完成形です。

3~6ヶ月で、糸玉、ラインのなだらかさ、むくみなど細かい意味での完成形となります。

そこに、いろいろな要素が入って、術後の腫れが決まります。
施術の種類、希望の二重幅=折れ目の高さ、瞼の厚み、皮膚の余り、目の開き、瞬きの強さ、施術中のケア、術後のケア、むくみやすさ、皮膚の厚み
などなど

もちろん施術の種類は
腫れが少ない
取れにくい
バレにくい(糸玉がポツッとしにくい)など
に改良されていくことになります。

Drふじまきもリラックマはーと
いかに腫れにくく
いかに取れにくく
いかにバレにくく
を探求しています

Drふじまきの縫う方法(埋没法)二重術の一般的な経過です。

【術前】(1段目)
瞼の具合は厚みは普通、皮膚は余り気味
希望の二重幅=折れ目の高さは7mm前後

この二重の作りやすさは 普通 です

【術直後】(2段目)
麻酔の影響、むくみ、腫れがあります。希望の二重幅よりも広くなっています。

【術後1週】(3段目)
腫れが引いた分、二重の幅が狭くなり、希望のラインに近づきました。

【術後4週】(4段目)
ほぼ希望のラインとなり、完成形ですね。

通常、術直後から1-2週間目あたりまでがバレやすい期間という事になります。

実際は、1-2週間も休みを取れる方はいないので、なんとかごまかす感じになりますね。

一番よいのはスケジュールを合わせて休みを長くとれればよいんですが、そうもいかないですね。

女性の場合は、アイメークが出来ると多少いけるようです。
施術した当日と翌日はアイメークが出来ません。
通常3日目からアイメークが可能なので、こちらも最低限のスケジュールとして合わせるしかないでしょう。

むこう1-2週間は大事なご予定や写真をとる予定は避けた方が無難です。
写真は残りますからね

また、貴方の生活環境でも変わります。
例えば、仕事をしている・していない、事務などの内勤・接客営業などの外勤、アイメークをする・しない など。
経験上は、仕事をされていない主婦の方は、ダウンタイムはあまり気にしません。サングラスでいけるようです。
仕事をされているOLさんは、内勤の方であれば、メガネなどで隠すようですね。
一番厳しいのは、サービス業などの接客営業などの方ですね。どうしても人前に出るので、スケジュール次第、バレたくない度合い次第といったところでしょうか。

では気になる一般的でない経過は?

  • 直後の腫れが強すぎてバレる
  • 1~2週間みてるのに腫れが全然引かない
  • 内出血が強くてメークでごまかせない

といったことです。

なのでぼくら美容外科医は
なるべく腫れないように二重をつくる努力をしています。

腫れの少ない経過をお見せします。

327

【術前】(1段目)
瞼の具合は厚みはやや薄め、皮膚の余りは普通
希望の二重幅=折れ目の高さは7mm前後

この二重の作りやすさは 普通 です

【術直後】(2段目)
麻酔の影響、むくみ、腫れは最小限です。希望の二重幅とほぼ変わりません。

【術後3日】(3段目)~【術後5日】(4段目)
ほとんど変わりません。

【術後1週】(5段目)
ほとんど変わらず経過しています。ほぼ希望のラインとなり、完成形ですね。

と腫れが出にくい条件
瞼が厚くない、皮膚が伸びてない、幅が広すぎない
負担の少ない施術
Drふじまきのガンバリ
がそろうとこのような経過もあります。

ごめんなさい。腫れはゼロにはできません。
たくさんの二重施術を担当させてもらっても不測の事態も起こります。
ただ、経過にはこだわりをもって施術させてもらっています。

リラックマはーとDrふじまきは毎日のように二重術をしてます。
腫れずらい、バレずらい、取れずらい二重術を研究中です。
術後の経過を大事にしています。

Drふじまきの経過にこだわる二重術〜極KIWAMI〜で二重にした場合の実際の経過
術前のまぶたの状態から
術直後の腫れ、腫れがひいていく経過
内出血や目を閉じた時の見え方
実際施術を受けてみたモニターさまのリアルなアンケートまで詳しくはコチラ

【解説】Drふじまきのバレづらい埋没法~極 KIWAMI®~

 


 

湘南美容外科(SBC)町田院副院長の藤巻です

二重のご相談を受けることが多いです。

二重について書いていきます。

※ 内容は随時更新の更 新 アップロード されます

お得なモニター情報はこちらをクリッククリック
二重モニター

Drふじまきの二重ブログはこちらをクリッククリック
二重モニター


 

 

Q  コリラックマはてなキイロイトリはてな
内出血しますか?

A リラックマ-lights
手術のあとに内出血することがあります。
手術なので、麻酔や針で、多かれ少なかれ血は出てしまいます。
もちろん血は止まりますが、皮膚の下ににじんでしまった血は吸い取ることができないので、これが青タン(内出血)となります。
自然と吸収されますが、見た目で青タンになっているとまわりにバレてしまうことがあるので、気になる方もいますね。
女性であればコンシーラーやメークで隠してもらいます。
男性の場合はメークをしないのでごまかしにくいですね。
程度によりますが、吸収されるまで1-2週間程度かかります。

一般的な内出血の経過はコチラです。
右まぶただけ青タン(内出血)していますね。

 

 

 

217

 

 

 

目を閉じるとやはりわかりますね。

内出血が消えるまでの経過はコチラ

 

こちらは別の方です

徐々に消えていきますが、内出血が吸収されるまでは1-2週間かかります。

術後のアンケートですが

331アンケート
術後は多少内出血してしまいましたが目を開けているときはそこまで目立ちませんでした。

とのことです。
この程度でしたら、アイメークで塗ってごまかせるそうです。

内出血をゼロにするのは、針を使う以上、難しいです。

でわ
気になる内出血を減らすためには…
施術前の準備、麻酔、見える血管は避ける、針穴の位置、深さ、などなど細かなところを丁寧に施術するに尽きると思います。

ボクの手術経験では、上の人のように内出血してしまう人は、5~10人に1人位だと思います。

【関連ページ】
 ⇒ Drふじまきの二重術で自然な二重をつくる~内出血の経過 【No-435】クリック

 ⇒ Drふじまきの二重術で自然な二重をつくる~内出血の経過 【No-331】クリック


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他のイチ押しお得モニターの情報

▼チェック▼

 


 

 

宣伝0
宣伝1
宣伝2
宣伝3
宣伝4
宣伝5
宣伝6
宣伝7
宣伝8
宣伝9

 

 


 

 

全般モニター

 

 


 

 

 

お気軽にご相談くださいねリラックマ

【ドクタープロフィール】  クリック

【お得なモニター募集】クリック

 

 

 

 

dr-fujimaki二重(目元)  【二重の施術〜よくある質問たち】     Q  どんな二重になりますか? 希望のカタチになりますか? 二重って色々カタチがあるけど… A  元々の目元のカタチによります おおまかに 目頭(鼻側)で二重がくっついているカタチを【末広型】 目頭(鼻側)で二重が離れているカタチを【平行型】 と呼んでいるいることが多いです。 ※ 狭い末広型を奥二重、末広型と平行型の間を境界型と呼ばれる場合もあります。 二重のカタチ(幅)は折れ目の高さでほぼ決まります。 折れ目が高ければ、広い二重(ピンクの線) 折れ目が低ければ、狭い二重(黄色の線) となります。 折れ目の高いと、二重の幅はより広く、カタチは平行型に 折れ目の低いと、二重の幅はより狭く、カタチは末広型に なりやすいです。 ただし 折れ目を高く、 幅を広くしても末広型にしかならないタイプ (平行型になりにくいタイプ) の方もいます。 逆に、折れ目を低く、幅を狭くしても平行型になってしまうタイプ もいます。(日本人では稀) どのようなカタチになるかは もともとの瞼の具合と折り目の高さによります。 特に、二重のカタチには目頭側のヒダ(蒙古ひだ)の具合が影響します。 もともとの瞼の具合を調節するには 脂肪をとったり、皮膚をきったりと、切開系の施術が必要になることが多いです。 特に、メザイク歴が長いひとは上瞼の皮膚が伸びていることが多いので、注意が必要です 二重の折り目は高くなればなるほど、より強い強度の二重術が必要です。 安定して作れるのは、おおむね~10mmまでです。 (どこまでも高くすることはできません。) ~6mmまで(黄ライン) ナチュラルベーシック、湘南二重 ~8mmまで(青ライン) 腫れづらいバレづらい二重術、クイックコスメティーク ~10mmまで(ピンクライン) フォーエバー二重術、極KIWAMI 10mm以上~ 全切開(たるみとり併用)、眉下切開 など 10mm以上の高さで折らないと希望のカタチにならないひとは 皮膚の余りを切ったり(全切開など)しないと難しいことが多いです。 まつ毛の生え際からどのくらいの高さを折り目にすると ご希望の二重になるのかが大事です。 希望のカタチ、瞼の具合、折れ目の高さ などをカウンセリングで確認させて頂きますね。 無料カウンセリングはコチラ https://dr-fujimaki.jp/monitor-a   Q 平行型の二重になりますか? A  元々の目元のカタチによります。 平行型になりやすい人は 目頭(鼻)側のヒダ(蒙古ひだ)が張っていないタイプです。 下の写真を見てください。 左のひとは、目頭(鼻)側のヒダ=蒙古ヒダが強いタイプです。 右のひとは、目頭(鼻)側のヒダ=蒙古ヒダが弱いタイプです。 右のひとの方が、平行型になりやすいです。 あなたの瞼の目頭側はどちらのひとに近いですか? また、 二重の幅を広げる=二重の折り目が高いと平行型になりやすいです。 ですが、二重の施術では二重の折り目はどこまでも高くすることはできません。 なので平行型に近づけるには 強度の強い二重術(フォーエバー二重術や切開二重)で二重の 折り目を頑張って高くする 目頭切開をして蒙古ひだを弱くする 切る二重術で皮膚のたるみや厚みをとる などが考えられます。 普段メザイクで平行型にできる方は施術でも作れる場合が多いです。 ただし、無理に平行型にしている場合は難しいこともあります。 例えば 目頭側(鼻側)だけ高くテープを貼らないと平行型にならないタイプ、 二重の折り目が高いタイプ(高いところにテープを貼って固定している) 普段メザイクで平行型にできない方は、基本的に目頭切開や全切開が必要な場合が多いです。 診察してみると大体分かります。 僕は二重を毎日のようにやっており 常に工夫を凝らしています。 平行型になりやすいデザイン、腫れずらい対策、取れづらい対策、など 目頭切開で平行型二重にした場合の経過をのせるので、参考にしてみてくださいね。 https://dr-fujimaki.jp/eyelid-incision 平行型二重の施術後の術後経過をのせるので、参考にしてみてくださいね。 https://dr-fujimaki.jp/eyelid-wide     Q  痛いですか? 痛みに弱いんです。手術は怖いんです。 A  痛みで手術が出来なかった方はほとんどいません。 痛みは、麻酔をするので感じにくいです。 ただ、麻酔をする時(瞼に注射の麻酔を使います)がチクッとします。 前に僕が施術した方の表現では 「まつ毛を3本くらいまとめて抜く様な痛み」 だそうです。 施術としてはここだけ頑張って頂ければその後は痛みは基本的にないです。 なので、ここが頑張れれば小学生くらいでも施術が可能なこともあります。 術後は、違和感やツッパリ感は感じることはありますが 痛みを感じる方はあまりいないです。 痛み止めの飲み薬をお出ししますが、必要がない方も多いです。 正直、痛みは個人差がありますのでゼロにはできませんが、 僕は毎日二重の施術をしておりますので 様々な工夫を凝らしております。 実際にDrふじまきの二重施術を受けた方のリアルな感想を見て頂けると、イメージがつきやすいかもしれません ⇒ 【 Drふじまきの二重術を受けた方の術後アンケート…「痛み」について…】 Q  休みは何日必要ですか?周りにバレたくないんですけど… A  難しい質問です。僕なりの経験でお話しますね。 二重の施術後は、腫れや内出血などが出てしまうので、見た目で周りにバレてしまう時間(ダウンタイム)があります。 バレるという意味では、術後のダウンタイム以外にも、見ため(糸玉やラインの乱れ、不自然さなど)もあり得ます。 ここでは腫れを中心とした術後のダウンタイム(休みが何日必要か?)についてお話しますね。 一般的な二重施術の一般的な経過は 術直後~1週程度、をピークに腫れぼったくなり、予定の二重よりも幅が広くなります。 内出血している場合は紫色になる場合があります。 2~4週間で、腫れはある程度落ち着いてきて、内出血がでた場合も消えます。 だいたいの完成形です。 3~6ヶ月で、糸玉、ラインのなだらかさ、むくみなど細かい意味での完成形となります。 そこに、いろいろな要素が入って、術後の腫れが決まります。 施術の種類、希望の二重幅=折れ目の高さ、瞼の厚み、皮膚の余り、目の開き、瞬きの強さ、施術中のケア、術後のケア、むくみやすさ、皮膚の厚み などなど もちろん施術の種類は 腫れが少ない 取れにくい バレにくい(糸玉がポツッとしにくい)など に改良されていくことになります。 Drふじまきも いかに腫れにくく いかに取れにくく いかにバレにくく を探求しています Drふじまきの縫う方法(埋没法)二重術の一般的な経過です。 【術前】(1段目) 瞼の具合は厚みは普通、皮膚は余り気味 希望の二重幅=折れ目の高さは7mm前後 この二重の作りやすさは 普通 です 【術直後】(2段目) 麻酔の影響、むくみ、腫れがあります。希望の二重幅よりも広くなっています。 【術後1週】(3段目) 腫れが引いた分、二重の幅が狭くなり、希望のラインに近づきました。 【術後4週】(4段目) ほぼ希望のラインとなり、完成形ですね。 通常、術直後から1-2週間目あたりまでがバレやすい期間という事になります。 実際は、1-2週間も休みを取れる方はいないので、なんとかごまかす感じになりますね。 一番よいのはスケジュールを合わせて休みを長くとれればよいんですが、そうもいかないですね。 女性の場合は、アイメークが出来ると多少いけるようです。 施術した当日と翌日はアイメークが出来ません。 通常3日目からアイメークが可能なので、こちらも最低限のスケジュールとして合わせるしかないでしょう。 むこう1-2週間は大事なご予定や写真をとる予定は避けた方が無難です。 写真は残りますからね また、貴方の生活環境でも変わります。 例えば、仕事をしている・していない、事務などの内勤・接客営業などの外勤、アイメークをする・しない など。 経験上は、仕事をされていない主婦の方は、ダウンタイムはあまり気にしません。サングラスでいけるようです。 仕事をされているOLさんは、内勤の方であれば、メガネなどで隠すようですね。 一番厳しいのは、サービス業などの接客営業などの方ですね。どうしても人前に出るので、スケジュール次第、バレたくない度合い次第といったところでしょうか。 では気になる一般的でない経過は? 直後の腫れが強すぎてバレる 1~2週間みてるのに腫れが全然引かない 内出血が強くてメークでごまかせない といったことです。 なのでぼくら美容外科医は なるべく腫れないように二重をつくる努力をしています。 腫れの少ない経過をお見せします。 【術前】(1段目) 瞼の具合は厚みはやや薄め、皮膚の余りは普通 希望の二重幅=折れ目の高さは7mm前後 この二重の作りやすさは 普通 です 【術直後】(2段目) 麻酔の影響、むくみ、腫れは最小限です。希望の二重幅とほぼ変わりません。 【術後3日】(3段目)~【術後5日】(4段目) ほとんど変わりません。 【術後1週】(5段目) ほとんど変わらず経過しています。ほぼ希望のラインとなり、完成形ですね。 と腫れが出にくい条件 瞼が厚くない、皮膚が伸びてない、幅が広すぎない 負担の少ない施術 Drふじまきのガンバリ がそろうとこのような経過もあります。 ごめんなさい。腫れはゼロにはできません。 たくさんの二重施術を担当させてもらっても不測の事態も起こります。 ただ、経過にはこだわりをもって施術させてもらっています。 Drふじまきは毎日のように二重術をしてます。 腫れずらい、バレずらい、取れずらい二重術を研究中です。 術後の経過を大事にしています。 Drふじまきの経過にこだわる二重術〜極KIWAMI〜で二重にした場合の実際の経過 術前のまぶたの状態から 術直後の腫れ、腫れがひいていく経過 内出血や目を閉じた時の見え方 実際施術を受けてみたモニターさまのリアルなアンケートまで詳しくはコチラ https://dr-fujimaki.jp/kiwami     湘南美容外科(SBC)町田院副院長の藤巻です 二重のご相談を受けることが多いです。 二重について書いていきます。 ※ 内容は随時 されます お得なモニター情報はこちらをクリック Drふじまきの二重ブログはこちらをクリック     Q  内出血しますか? A  手術のあとに内出血することがあります。 手術なので、麻酔や針で、多かれ少なかれ血は出てしまいます。 もちろん血は止まりますが、皮膚の下ににじんでしまった血は吸い取ることができないので、これが青タン(内出血)となります。 自然と吸収されますが、見た目で青タンになっているとまわりにバレてしまうことがあるので、気になる方もいますね。 女性であればコンシーラーやメークで隠してもらいます。 男性の場合はメークをしないのでごまかしにくいですね。 程度によりますが、吸収されるまで1-2週間程度かかります。 一般的な内出血の経過はコチラです。 右まぶただけ青タン(内出血)していますね。             目を閉じるとやはりわかりますね。 内出血が消えるまでの経過はコチラ   こちらは別の方です 徐々に消えていきますが、内出血が吸収されるまでは1-2週間かかります。 術後のアンケートですが 術後は多少内出血してしまいましたが目を開けているときはそこまで目立ちませんでした。 とのことです。 この程度でしたら、アイメークで塗ってごまかせるそうです。 内出血をゼロにするのは、針を使う以上、難しいです。 でわ 気になる内出血を減らすためには… 施術前の準備、麻酔、見える血管は避ける、針穴の位置、深さ、などなど細かなところを丁寧に施術するに尽きると思います。 ボクの手術経験では、上の人のように内出血してしまう人は、5~10人に1人位だと思います。 【関連ページ】  ⇒ Drふじまきの二重術で自然な二重をつくる~内出血の経過 【No-435】  ⇒ Drふじまきの二重術で自然な二重をつくる~内出血の経過 【No-331】                                                                                                           その他のイチ押しお得モニターの情報 ▼チェック▼                         お気軽にご相談くださいね 【ドクタープロフィール】   【お得なモニター募集】        美容外科(二重、若返り、リフトアップ、豊胸、脂肪吸引、ダイエット、鼻、フェイスライン)美容皮膚科(しみ、しわ、毛穴、レーザー治療、薄毛治療)湘南美容外科 藤沢院長/町田/横浜 勤務